多汗症ナビ TOP → 多汗症対策について 電気分解法

電気分解法

 

電気分解法というのも、多汗症の治療方法の1つです。この電気分解法は電極の針を使って毛穴に弱い電流を流すことによって、多汗症を治療するというやり方です。このやり方によって、多汗症の原因となっている毛根や汗腺などを取り除いていくのです。電極の針を使って毛穴に電流を流す分、それなりに痛みが生じるのは確かですが、治療効果があるというのも確かです。

電気分解法に関する難点は、まず保険が適応されないため、比較的ですが高価になってしまうことでしょう。費用は治療範囲によって大きく変わってきますが、五万円から十万円ほどかかってしまう場合もあります。そして電気分解法はエステサロンなどが主に行っているのですが。エステサロンでの医療行為というのは出来ませんので、麻酔を使用できないというのも難点です。

針を刺して毛穴に電流を流すという説明どおり、施術にはやや不快な痛みを伴うでしょう。それを毛穴一つずつに施さなければならないこともあり、時間もかなり掛かってしまいます。しかしその効果は良好なもので、毛穴の治療数が少ない最初のうちは、あまり効果を実感できないかもしれませんが、日を追うごとに効果が出てきます。最終的には、汗と臭いの両方が少なくなっているでしょう。

電気分解法は時間も掛かりますし、それなりの痛みも伴います。それでも治療効果はかなり高いほうですので、多汗症対策としては、かなり優秀な治療法であるといえるでしょう。


多汗症対策について

 



マイスリー 添付文書
マイスリーの添付文書なら医療関係者向けの製品情報サイトで!