多汗症ナビ TOP → 多汗症対策について 漢方薬

漢方薬

 

多汗症の対策に漢方薬を利用してみるのも良いかもしれません。漢方薬は主な作用として崩れてしまった身体のバランスを改善して、自律神経の働きを整えてくれる作用があります。漢方によって多汗症を普段からやわらげることができるでしょう。漢方薬は基本的に自然から採れる成分のみで作られているため、副作用が比較的ですが少ないというのもポイントでしょう。

多汗症に効果のある漢方薬としては、防已黄耆湯(ぼういおうぎとう)という漢方薬が最も有名でしょう。とはいえ、漢方薬というのはそれぞれの種類によって、適応する体質というのが違ってきます。この防已黄耆湯に関しては、多少なり太り気味の方で、更に夏場など気温が高くなる時期に発汗量が増える、という方に効果があります。

他には桂枝加黄耆湯(けいしかおうぎとう)というものも多汗症には効果があり、これはやや身体の弱い方、いわゆる虚弱体質気味の方に効果が高いです。柴胡桂枝乾姜湯 (さいこけいしかんきょうとう)の場合は上半身の発汗を抑えるため、手・腋・顔などといった局所性多汗症に効果が高いです。こちらの場合は疲労感の溜まりやすい方、また桂枝加黄耆湯と同じく身体の弱い方に最も効果を発揮します。

漢方薬は体質によって適応度合いが変わってきます。とはいえ、あまり条件に該当しないという方が使っても効果がないというわけではなく、それなりに効果はあるでしょう。ただし、条件に当てはまっている方に比べると、少しばかり効果は薄くなります。


多汗症対策について

 



プラビックス 添付文書
プラビックスの添付文書なら医療関係者向けの製品情報サイトで!