多汗症ナビ TOP → 多汗症対策について グランダキシン

グランダキシン

 

多汗症の対策として、グランダキシンもよく利用される治療薬の1つといえるでしょう。グランダキシンは、実は自律神経失調症の治療薬なのです。つまり、自律神経のバランスを整えることで発汗を調節するのです。そもそも多汗症のみならず、自律神経のバランスが崩れることによって、症状として発汗が現れることもありますので、それに対応する薬ならば発汗対策にもなりえるのです。

更年期障害・ムチ打ちなどで引き起こされる様々な症状を改善するために、グランダキシンは良く使われます。しかしながら自律神経のバランスを整えることで、発汗も抑えることが出来るため、現在では多汗症対策の治療薬としても、グランダキシンは良く利用されるようになってきました。ただし薬として飲み合わせや副作用の問題は出てきますので、使用にはやはり注意が必要です。

グランダキシンに関しては、抗コリン剤と同じように、緑内障を起こしている方には使用できません。他にも抗うつ剤を始めとする精神安定剤との飲み合わせも、効果が異常に出すぎてしまうこともあるため、禁忌とされています。他にも様々な薬品との悪い飲み合わせが存在しますので、何らかの薬を服用中である場合は、まず医師と相談するようにしましょう。

グランダキシン単体の副作用としても、眠気・注意力の低下などが起こるため、車の運転や仕事に差しさわりが出るかもしれません。特に車の運転前での服用は、絶対に避けるべきでしょう。


多汗症対策について

 



抱っこ紐
抱っこ紐・おんぶ紐をお考えならおしゃれで機能的なsun&beach!