多汗症ナビ TOP → 多汗症対策について イオン浸透療法

イオン浸透療法

 

イオン浸透療法も、多汗症の治療方法の1つといえます。水を媒介させて多汗症の治療を行います。水の中に弱い電流を流し、そこに患部を当てることによって汗腺の働きを抑制して、多汗症の症状を弱めるやりかたです。基本的には局所性多汗症など、手足・腋などに集中して多汗症の症状が出る方に適用される治療法です。全身性多汗症などに関しては、あまり使用するケースは見受けられません。

イオン浸透療法は、一回やればすぐに多汗症が治る、という性質のものではなく、数週間ほどかけて集中的に治療しなければならない治療法です。途中で中断してしまった場合などは、せっかく多汗症の症状が治まっていたとしても、再発してしまう危険性が上昇してしまいます。また人によっては痒みが出たり、湿疹・水疱(水ぶくれ)などが出ることもあるため、その場合は医師と相談する必要があります。

イオン浸透療法に関しては、病院などで受けられる治療だけでなく、家庭で使うことの出来る、ドライオニックというイオン浸透療法器具も存在します。家庭でも出来るというのは確かに便利ではあるのですが、さすがに病院などで専門の医師から受ける治療と比べれば、効果は低くなってしまうでしょう。まずは病院で診断を受けてから、イオン浸透療法が自分に合うかどうか、判断してもらうほうが良いかもしれません。

手足や腋の下など、一部に集中する局所性多汗症の方にとっては、イオン浸透療法は非常に効果のある治療方法と言えるでしょう。


多汗症対策について