多汗症ナビ TOP → 汗のある部位 脇多汗症

脇多汗症

 

脇多汗症というのをご存知でしょうか。これは脇の下に大量の汗をかく症状のことです。見た目などからもワキガと誤解されやすいのですが、ワキガと多汗症は異なります。多汗症の場合はワキガのようなにおいはありません。ただし、だからといってワキガと多汗症は全く関係ないかと言えば話は別で、ワキガによって多汗症の症状が悪化してしまう場合もあります。

ワキガが多汗症の症状を悪化させてしまう要因の一つに、多汗症が精神的な原因によって起こってしまうケースが挙げられます。ワキガというのは、基本的に本人が最も気にしているもので、周りに迷惑をかけているかもしれない、という意識から、コンプレックスを持っていることがほとんどです。その精神的な圧迫感がストレスにつながり、精神性発汗を促してしまうことも多いのです。

しかも多汗症とワキガの汗腺は別であるにしても、臭いのある汗と多汗症による大量の発汗が混ざることによって、広範囲に臭いを拡散させてしまうこともあるのです。またそういった事実が、本人にとって更なるプレッシャーとなり、精神性発汗に拍車をかける原因となることもなくはないのです。

ワキガなどを気にしないほど、精神性発汗の発症も少なくなりますが、そういった方だと自分の臭いに関しても無頓着であることが多いため、気づかない内に臭いを周囲に拡散させている場合もあります。気にしすぎるのも多汗症の原因となる問題ですが、全く気にしないのも、それはそれで問題なのかもしれません。


汗のある部位