多汗症ナビ TOP → 発汗と汗腺 アポクリン腺

アポクリン腺

 

アポクリン腺は汗の出る汗線の1つです。ここから分泌される汗には、ニオイの原因となる物質を含んでいる場合が大半を占めます。そしてここから出た汗が細菌に分解されて、ワキガなどのニオイが発生してしまうケースが多いのです。基本的に臭いの原因となる汗は、アポクリン線から分泌される、と解釈するのでも構わないでしょう。

基本的に、ワキガなどを手術で直接的に治療しようとする場合は、このアポクリン腺を除去する作業となります。とはいえ、実際はワキガだけでなく、多汗症を治療する際にも、アポクリン腺を除去することは多いです。というのも、多汗症に悩まされる方の中には、それに伴ってワキガの臭いが強くなることを嫌う方も多く、手術するのならこのアポクリン腺を取り除いてしまいたい、と考える方が大半なのです。

基本的にはワキガなどの臭いの原因となるアポクリン腺ですが、実はこの臭いはフェロモンとして作用することもあるものです。現在において人間は、恋愛などの相手を選ぶ際に嗅覚を使用することはほとんどないといえますが、人によっては臭い重視、臭いが好みでなければイヤ、という方もいます。さすがにそこまでの嗜好に構っていられないかもしれませんが、そういう方がいるということも、一応は覚えておいて損はないでしょう。

ワキガなどの臭いの原因となるのがアポクリン腺で、ここから出てくる汗を好まないという方も多く、治療の際は除去することを望まれやすい汗腺です。


発汗と汗腺