多汗症ナビ TOP → 発汗と汗腺 精神性発汗

精神性発汗

 

味覚性発汗というのは、その名の通りですが、辛いものを食べた時などに、それに反応して発汗神経が刺激されて汗が流れることをいいます。少しの汗は誰でも出るものですが、異常な量の汗がでる場合は多汗症の場合があります。 特に、平常時はそれほど汗をかくわけでもないのに、味覚を刺激されることが原因で大量の発汗を起こす場合、味覚性発汗による多汗症の可能性が高くなります。

味覚性発汗に関しては、その大半が辛いものを食べた時に起こるものです。しかし実のところ、それほど多くは無いにせよ、例えば苦いものが苦手な方なら、苦いものを食べた時に発汗が生じることもあるのです。要するに、苦手なものを口にした時に、味覚神経が刺激されてしまえば、それによって大量の発汗が起こることもあるというわけです。

味覚性発汗を予防したければ、例えば辛いものによって発汗するのであれば、辛いものをあまり口にしなければ良いでしょう。とはいえ、苦手と好きは両立するという方も多いですし、時々は辛いものを食べたくなることもありません。ちょっとしたジレンマですが、もしどうしようもなく辛いものが食べたくなって、でも汗をかいているところを人に見られるのは恥ずかしいというのであれば、人目につかない所で辛いものを食べればいいのではないでしょうか。

味覚性発汗というのは、ある程度ならば誰にでも起こりうるものですが、発汗があまりにも多すぎる場合は、多汗症を疑うべきかもしれません。


発汗と汗腺

 



アミティーザ
アミティーザなら医療関係者向け情報サイトで

イモバックス 副作用
イモバックスの副作用なら医療関係者向けの製品情報サイトで!