多汗症ナビ TOP → 多汗症の基礎知識 全身性多汗症

全身性多汗症

 

全身性多汗症はその名の通り、身体の全体にわたり大量の汗をかくことを意味しています。この場合、生まれつきの体質によるものが多いといわれています。また何らかの病気が影響して、多汗症の症状が現れている可能性も高いです。暑いわけでもなく、精神的な要因が元で汗をかいているわけでもない場合は、本当に別の疾患にかかっている可能性がありますので、診断を受けるべきかもしれません。

全身性多汗症に関しては、遺伝など先天的要因が関わってきている可能性が高いです。これを原発性多汗症と呼ぶのですが、先天的だからといって生まれた時からずっと多汗症であるという例は少なく、例えば思春期などを境に多汗症の症状が出てくるというケースが多いです。後から症状が出てくるという点で後天的なものと思われがちですが、遺伝などが原因となるため先天的なものなのです。

全身性多汗症は、確かに全身で大量の汗をかきますが、その中でも特に腋・手足などの汗の量が増えてしまうということもあります。そもそも、腋や手足などといった部位には汗腺が集中しており、多汗症の方でなくとも良く汗をかいてしまうくらいですので、多汗症であればなおさら汗の量が増えてしまうのは道理と言えるでしょう。

全身性多汗症の場合、もしかしたら別の疾患にかかっている可能性もありますので、気になる場合は診断を受けに行ったほうが良いかもしれません。万が一のケースを考えると、些細なことでも見過ごせないものです。


多汗症の基礎知識

 



http://www.shinwa-ticket.ne.jp/
クレジットカード 現金化

ポスター印刷 激安
ポスター印刷を激安でならディプリーズ楽天市場店で!

ペットホテルの送迎 杉並渋谷中野目黒大田区新宿品川港区
http://pethoteltokyo.com/sogei-page.html